2016年11月15日

平成28年度 19458月11日を考える

11月14日(月),1年生対象とした
「1945年8月11日を考える」合同LHRが龍門会館で行われました。
IMG_7253.JPG
1945年8月11日午前,
旧加治木町は爆撃を被り,旧制加治木中学校も
爆弾投下と機銃掃射によって猛火に包まれ,
当日登校していた生徒たちの尊い命が奪われました。
今回,当時旧制加治木中学校に通っていた
山下俊美さんを講師にお招きし,当時の学校の様子や
戦争の様子を語っていただきました。
IMG_7245.JPG

IMG_7259.JPG
改めて,戦争のない平和な世の中の大切さを実感しました。
山下さんありがとうございました。
posted by 加治木高校 at 10:23| 鹿児島 ☁|    --- 8・11を考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月17日

平成27年度 1945年8月11日を考える

11月16日(月)7限目。1年生対象の合同LHRが龍門会館で開かれました。

1945年8月11日午前,加治木町はアメリカ軍による大規模な爆撃を被りました。
本校の前身である旧制加治木中学校も爆弾投下と機銃掃射によって猛火に包まれ,当日登校していた生徒たちの多くの尊い命が奪われました。
毎年,1年生対象に,加治木空襲の実情を資料を通して伝えるとともに,当時を知る先輩を講師としてお迎えして,講話をいただいています。

今年度は,宇都宮明人氏(S25年2回卒 元加治木町長)です。
IMG_5928.jpg

苦しかった戦中戦後,その後世界各地で体験した出来事から見えたもの
IMG_5931.jpg

再び戦争は,戦争はしてはならない。
IMG_5924.jpg

これからは,日本語の他に2か国語は話せるようにしよう。
IMG_5938.jpg

お礼の言葉
IMG_5946.jpg

後輩たちは,先輩の思いを受け継ぎ,命や平和を大切にする生き方を考え続けて欲しいです。

宇都宮先生,後輩のために誠にありがとうございました。
posted by 加治木高校 at 08:00| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) |    --- 8・11を考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月17日

1学年合同LHR−1945年8月11日を考える−

11月17日(月)の7限目。

1学年合同LHR−1945年8月11日を考える−が龍門会館でありました。
IMG_1120.jpg

講師は,本校卒業生の別當嘉昭 氏です。
IMG_1138.jpg

生徒たちは,事前学習で1945年8月11日の加治木空襲の資料をあらかじめ読んだ上で,

当時の様子や戦争の悲惨さを直接聞くことが出来ました。
IMG_1115.jpg

真剣な表情です。
IMG_1128.jpg

別當先生の経験をもとにした言葉は,若い後輩たちの心に深く刻まれました。
IMG_1132.jpg

戦後69年を経た今,事実を風化させたくないという先輩方の思いを引き継ぎ,命や平和を大切に守る生き方を考える機会になりました。

別當先生,貴重なお話を誠にありがとうございました。






【LHRの趣旨】
 1945年(昭和20年)8月11日午前,あのよく晴れた日に,加治木町はアメリカ軍による大規模な爆撃を被った。

 加治木町は火の海となり,アメリカ軍機が加治木上空を去る頃には1200mに達する煙で覆われていた。

 本校の前身である旧制加治木中学校も爆弾投下と機銃掃射によって猛火に包まれ,当日登校していた生徒たちの多くの尊い命が奪われた。

 戦争終結の4日前の出来事である。本校食堂の右手にある「殉難学徒の碑」では,毎年8月11日に多くの関係者が集い,追悼する姿がある。


 語り継がれてきた「母校のあの日」の事実を知ることを通じて,若くして唐突に命を奪われた先輩の無念さや,肉親として友人としてかけがえのない存在を失った人々の悲しみを思い,戦争というものの理不尽さ,愚かさ,平和の尊さについて考え,未来をいかに構築していくか,熟考する契機としたい。
posted by 加治木高校 at 16:30| 鹿児島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) |    --- 8・11を考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月18日

1945年8.11を考える

1年生は,本日の7限に龍門会館で合同LHRがありました。今日のテーマは,「1945年8月11日を考える」でした。

終戦終結4日前に,加治木は米軍機による大規模空襲を受けました。
この時,当時,旧制加治木中の生徒だった15名の方の尊い命も奪わ
れてしまいました。

そのときの様子を知る元同窓会長の安藤旭さんをお招きして,当時の
社会情勢や空襲の際の生々しい様子等を講話として聴きました。

IMG_3045_R.JPG

IMG_3047_R.JPG

生徒たちも最後まで熱心に聴き入っていました。
戦争の愚かさ,時間をかけて話し合うことの大切さは若い後輩たちに
しっかりと伝わったと思います。

IMG_3049_R.JPG

IMG_3050_R.JPG

IMG_3051_R.JPG
お忙しい中,後援をしていただき,ありがとうございました。
posted by 加治木高校 at 17:18| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) |    --- 8・11を考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月19日

「1945年8月11日を考える」

新しい一週間が始まった今日の7限目に1年生は,龍門会館で合同LHRがありました。
IMG_7217.jpg


テーマは「1945年8月11日を考える」

講師に,本校第5回卒業の大先輩,稗田正先生をお迎えしました。
IMG_7213.jpg


1945年8月11日は,太平洋戦争の終結間際に加治木町はアメリカ軍による大規模な爆撃を受けました。

本校においても,その日登校していた生徒達の遠問い命が数多く奪われました。

戦後67年経った今もなお,8月11日には多くの関係者が本校に集い,

「殉難学徒の碑」を前にそれぞれが抱く思いを込めて,追悼する姿が見られます。

加高生1年生には,語り継がれてきた「母校のあの日」の事実を知ることを通じて,
IMG_7227.jpg
若くして命を奪われた者の無念さや,肉親として友人としてかけがえのない存在を

失った者の悲しみなどに思いを致し,戦争の愚かさや平和の尊さについて深く考え,
IMG_7229.jpg
未来に受け継いでいく契機にして欲しいです。

後輩たちに平和な世界をと語られた稗田先生。
IMG_7233.jpg

ご多忙中にもかかわらず,後輩たちのためのご講演
IMG_7237.jpg
本当にありがとうございました。


posted by 加治木高校 at 16:48| 鹿児島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) |    --- 8・11を考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月11日

1945年8月11日を考える

今日は,1・3年生対象に「1945年8月11日を考える」の演題で,新名正治氏の講演がありました。

本校,正門近くに「殉難学徒の碑」があり,そこには,16名の名前が刻まれている。終戦4日前の昭和20年(1945年)8月11日,加治木町がアメリカ軍による大規模な空襲を受け,その日登校していた生徒たちの尊い命が奪われた。

新名氏は,当時,旧制加治木中学校4年生で,実際に空襲にあい九死に一生を得た先輩である。
先輩のリアリティある話に,熱心に耳を傾けていました。

新名先輩,ありがとうございました。IMG_5890.JPGIMG_5882.JPG

posted by 加治木高校 at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) |    --- 8・11を考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする